森田義塾の理念

1,森田義塾は生徒の目線から教育というものを見直す塾とする。
※決して上から目線で教育を教えない

2,成績が芳しくない生徒を対象として塾とする。
※成績が悪い生徒に成績が向上し、勉強が楽しくなる塾とする。

3,中学校の授業を大切にし、授業が理解できるための塾とする。
※進学塾のような学校と敵対的な教育を一切行わない。

4,森田義塾は、生徒が受験勉強をしないで高校に進学することが可能となる、本質的・根本的学力の向上を目指す塾とする。
※県立高校の受験問題は中学の教科書の範囲内でしか出ない。従って教科書を完全にマスターすれば必ず合格する。

5,授業は寺小屋的授業を範とし、読む・書く・暗記する・数学を遊ぶことが自然にできることを目指す。
 ※暗記することを重要性を知ること、数字と数学が自然の法則として美しいものであることを知ってもらいたい。

6,自分で学習することを身につけ、予習して学校の授業に臨むことができるようになった生徒は、塾の側から退塾させようと考えている。
※生徒自身が自分で学習することを覚えれば、もう高校・大学までこの生徒は成績が落ちることはないと考えている。所詮教養とは自分で身に付けるものと考える。

7,森田義塾の「義」の意味について
※森田義塾は成績がオール1の生徒でも学力向上を実現する自信があります。また多少自閉症的な生徒にも対応する自信があります。さらに、将来経済的に苦しい保護者の生徒も無料で入塾されることを考えているので、「義」を加えた義塾とすることにした。